名古屋覚王山へ移転オープン プレサイトはこちらへ
TEL:052-761-8890

ごあいさつ

 はじめまして。形成外科医の服部友樹と申します。私は約10年の総合病院勤務を経た2015年6月、JR尾張一宮駅前に服部形成外科クリニックを開業致しました。開業後本当に数多くの地域診療に携わらせていただき、貴重な治療経験を積ませて頂きました。この度、名古屋市千種区覚王山の地に、「服部形成外科・皮ふ科」と医院名を変更し移転開業させて頂きます。

 私は研修医時代にお世話になった形成外科上司の、鮮やかで細かな縫合テクニックに魅せられたことがきっかけで、形成外科の世界に飛び込みました。傷の縫いあがりの美しさに心を奪われ、自分も形成外科で腕をあげたいと心に誓ったことをいまでも鮮明に記憶しています。
 当院では、形成外科、皮膚科、美容外科の診療を行わせていただきます。 形成外科医として、皮膚腫瘍(アテローム、脂肪腫など)、あざ、黒子、熱傷、巻き爪、眼瞼下垂、傷跡修正、悪性腫瘍等の診療に携わってきました。表面の皮膚エコーを行うことによって、ほとんどの皮膚皮下腫瘍の性状をあらかじめ調べられるため、安全性の高い手術を行うことが可能です。2017年の総手術数は949件と、個人クリニックとしては有数の治療経験を有します。
 あざ治療については、赤アザ、青アザ、茶アザなど、すべてのあざに対応できるレーザーを扱えます。一宮での診療時には県外からも治療に来ていただけました。患者様にしっかりとしたレーザー治療計画お伝えして、スタッフ一同で治療にあたれる教育を行っています。皮膚炎など皮膚疾患についても、私本人が軽度のアトピー性皮膚炎に悩まされる一人で、医師になる以前から、自分の皮膚治療に試行錯誤を重ねてきましたので、患者様の立場に立った診療ができることをお約束いたします。外用ステロイドの使い方にも工夫をしております。
 自費診療におけるしみ、しわ、アンチエイジングについても是非当院にご相談ください。自由診療を通じて、綺麗に外見が若返ることで、患者様が心まで若返られるという治療経験を何度もさせていただきました。美容医療は、心の治療でもあり一緒にお悩みに向き合わせていただくことが何よりも大事であると心しております。完全にプライベートな空間で、施術を受けていただけるように院内を設計しております。
 ぜひお気軽にご連絡ください。お待ちしております。

院長プロフィール

服部 友樹 Yuuki Hattori

  • 院長経歴
  • 2005年 関西医科大学卒業
  • 2005年 総合大雄会病院(臨床研修医)
  • 2007年 愛知医科大学病院形成外科
  • 2009年 厚生連海南病院形成外科
  • 2010年 社会保険中京病院形成外科
  • 2012年 大雄会第一病院形成外科(部長)
  • 2015年 服部形成外科クリニック 開院
  • 2019年 服部形成外科・皮ふ科 開院
  • 専門医・ライセンス
  • 形成外科専門医
  • 日本レーザー医学会専門医
  • 日本熱傷学会専門医
  • アメリカ熱傷学会認定ABLSプロバイダー
  • 3TO(VHO)式巻き爪矯正法ライセンス
  • 臨床研修指導医
診療実績
2016年6月〜2017年5月 2017年6月~2018年5月
総手術数 894件 948件
皮膚皮下腫瘍 計749件 計808件
内約 アテローム 237件 322件
ホクロ 139件 146件
脂漏性角化症 99件 119件
血管腫 20件 30件
その他分類 254件 91件
陥入爪 44件 45件
眼瞼手術(下垂・内反症など) 37件 55件
異物除去 1件 6件
形成術 22件 4件
その他 41件 30件
レーザー・光治療 1580件 2499件
内約 Qスイッチルビー(あざ) 332件 364件
Qスイッチルビー(シミ) 33件 66件
Vビーム(赤あざ) 94件 344件
スーパーフォトフェイシャル 555件 656件
Vフェイシャル(服部式) 76件 277件
医療脱毛 328件 517件
ニキビVビーム 20件 122件
CO2レーザー 142件 152件
ボトックス・ヒアルロン酸 未集計 49件
ピアス 未集計 64件